患者と説明する医者と電子血圧測定器
  • ホーム
  • 低血圧症状を治療する方法

低血圧症状を治療する方法

患者を診ている医者

テレビの健康番組では多々取り上げられる高血圧に比べて、低血圧はなかなかその苦しみが理解されにくいものです。
高血圧によるさまざまな病気は成人病と呼ばれるものが多くあり危険なものと判断されている一方、低血圧による病気はとりわけ重篤になるものはありません。
ですが、低気圧によるからだのだるさ、倦怠感、めまいや食欲不足は日常生活を健康的に送る上で見逃すもののできないものです。
病院での治療方法は一般的に薬によるものが中心になります。
処方されるものは精神安定剤、自律神経調整薬、上昇薬などがあり、交感神経を刺激することで、血圧を上げるのを目的とした治療方法を行います。
精神安定剤と聞くと抵抗感を覚える方もいるかもしれませんが、交感神経を刺激することで緊張感を高め、血圧を上昇させる効果を持ちます。
そのため、精神疾患を患っている人の中には、薬を服用しても効果が出にくい場合もあるので注意しましょう。
また、低血圧の方によくある朝起きるのがつらい症状に悩む方のためにも、水なしで飲めるタイプの薬もあります。
ベッドから起きあがらなくても服用することができるので、症状が酷い場合は医師に相談してみましょう。
また薬などにアレルギーのある方には漢方薬による治療方法もありますので、こちらも医師に相談してみると良いでしょう。
漢方薬によって冷えの症状を改善することで血圧を上げる効果があります。
もちろん日常生活を見直すことも大切です。
低血圧の人の中には、無理なダイエットや煙草やアルコール、精神的な病気による血圧の低下で悩んでいる人もいます。
バランスの良い食生活やしっかりした睡眠、運動など生活リズムを規則正しくすることで自律神経を整えることができます。

サイト内検索
人気記事一覧